Link Search Menu Expand Document

ArchWSLのセットアップ

システム要件

  • Windows 10 1709 Fall Creators Update x64以上
  • Windows Subsystem for Linux機能が有効になっていること

インストール手順

現在は2種類のパッケージを提供しています。

1: zipファイル

  1. zipファイルをダウンロード
  2. zip内のすべてのファイルを同じディレクトリに展開します 展開先のディレクトリには書き込み権限が必要です。 例えば、C:\Program Files は使用できません。
  3. Arch.exe を実行するとそのディレクトリ内でインストールが実行されます。

exeファイルのファイル名がWSLのインスタンス名に使用されます。 リネームすると、

2: appxパッケージ

  1. .appx.cerファイルをダウンロードします。
  2. .cerファイルを”ローカルマシン”の”信頼されたルート証明機関”にインストールします。 詳細は証明書のインストールページを参照してください。 証明書のインストールには管理者権限が必要です。
  3. .appxをダブルクリックし、インストールします。

インストール後の設定

rootパスワードの設定

>Arch.exe
[root@PC-NAME]# passwd

デフォルトユーザーの設定

ArchWikiを参照してください。 Sudo

ユーザーとグループ

>Arch.exe
[root@PC-NAME]# echo "%wheel ALL=(ALL) ALL" > /etc/sudoers.d/wheel
(sudoersファイルを設定します)

[root@PC-NAME]# useradd -m -G wheel -s /bin/bash {username}
({username}というユーザーを追加します)

[root@PC-NAME]# passwd {username}
({username}というユーザーにパスワードを設定します)

[root@PC-NAME]# exit

>Arch.exe config --default-user {username}
    (デフォルトのユーザーを{username}に設定します)

デフォルトユーザーの変更がうまく行かない場合は, コンピュータを再起動するか、LxssManagerサービスを再起動してください。 詳細は(issue #7)を参照してください。

LxssManagerを再起動するには、管理者権限のコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します:

net stop lxssmanager && net start lxssmanager

キーリングの初期化

以下のコマンドを実行してmキーリングを初期化してください。 (この作業はpacmanを使用する前に必ず必要です。)

>Arch.exe
[user@PC-NAME]$ sudo pacman-key --init

[user@PC-NAME]$ sudo pacman-key --populate

[user@PC-NAME]$ sudo pacman -Syy archlinux-keyring

systemctl代替ツールをインストール (任意)

WSLはsystemdをサポートしていません。 しかし、systemdを代替するツールや別の名前空間を作成しsystemdを実行するツールを使用できます。 既知の問題を参照してください。


Table of contents


    Back to top

    Copyright © 2020 Wsldl-pg Documentation Team. Distributed by Creative Commons Attribution 4.0 International License.