Link Search Menu Expand Document

Known issues

Launcher and Common

Please see wsldl document

glibc

最新のglibcはWSL1と互換性がありません。 古いバージョンでglibcを固定するか、WSL2をしようしてください。

fakeroot

fakerootはSYSV IPCをデフォルトで使用しています。 WSL1では、SYSV IPCをサポートしていません。

fakeroot-tcpᴬᵁᴿ 代わりに使用できます。(WSL2ではSYSV IPCをサポートしているため、必要ありません。)

fakeroot-tcp-1.23-1-x86_64.pkg.tar.xzをダウンロードし、pacman -U fakeroot-tcp-1.23-1-x86_64.pkg.tar.xz をシェルで実行するとインストールすることが出来ます。

Qt5

qt >=5.10ライブラリはWSL1では動作しません。 これはWSL1の問題に起因します。(Please see Microsoft/WSL#3023)

このコマンドを実行してください。: strip --remove-section=.note.ABI-tag /usr/lib/libQt5Core.so.5

MySQL 8/MariaDB

MySQL >=8 はネイティブAIOインターフェイスをデフォルトで使用します。 WSL1はそれに対応していません。 そのため、ネイティブAIOインターフェイスを使用しないように設定を変更する必要があります。 /etc/my.cnf.d/server.cnfを編集し、innodb_use_native_aio=0[mysqld]セクションに追加します。

[mysqld]
innodb_use_native_aio=0

D-Bus

SystemdのD-BusデーモンはWSL1では動作しません。 dbus-x11ᴬᵁᴿの使用を推奨します。 dbus-x11-1.12.16-1-x86_64.pkg.tar.xzをダウンロードし、 pacman -U dbus-x11-1.12.16-1-x86_64.pkg.tar.xz をシェルで実行することでインストール出来ます。

D-Busデーモンを起動するには、以下のコマンドを実行します:

sudo mkdir /run/dbus -p
sudo dbus-daemon --system

systemd/systemctl

systemdはWSLに対応していません。 systemctlを使用する場合は、systemctlの代替スクリプトやボトルツールを推奨します。

WSL1 / WSL2

systemctlの互換スクリプトを使用できます。 しかし、これには完全な互換性はありません。

systemd-altctl-1.4.4181-1-any.pkg.tar.xzをダウンロードし、シェルで pacman -U systemd-altctl-1.4.4181-1-any.pkg.tar.xz を実行するとインストール出来ます。

WSL2

subsystemctl“や”genie“のようなsystemdのbottleを使用できます。

これらを使用すると、systemdはコンテナ内で正しく動作します。

subsystemctl

PKGBUILDをダウンロードして、ビルドします。

詳細はプロジェクトページを参照してください

genie

リンク先にあるPKGBUILDを使用することも出来ます。

詳細はプロジェクトページを参照してください


Back to top

Copyright © 2020 Wsldl-pg Documentation Team. Distributed by Creative Commons Attribution 4.0 International License.